アライメントグリッドを使用してオブジェクトを整列する



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

以下の手順に従って、アライメントグリッドを使用して、配置したオブジェクトを整列します。

  1. 必要に応じて、以下の手順に従って、グリッドアライメントを表示および有効にします。
    1. ツール→オプションを選択してオプションダイアログボックスを表示します。
    2. カテゴリリストからフロントパネルまたはブロックダイアグラムを選択します。
    3. フロントパネルグリッドを表示またはブロックダイアグラムグリッドを表示チェックボックスをオンにします。
    4. 対応するグリッドアライメントを有効チェックボックスをオンにします。
    5. OKボタンをクリックし、オプションダイアログボックスを閉じて変更内容を保存します。
  2. 制御器または関数パレットからオブジェクトを選択します。フロントパネルでは、オブジェクトを配置する前にオブジェクトを移動する際、オブジェクトがどのようにグリッドに合うように整列されるかを示す赤い枠が表示されます。制御器をドラッグ、ドロップ、またはサイズ調整中に<G>キーを押して、グリッドアライメントを有効または無効にします。
  3. フロントパネルまたはブロックダイアグラムウィンドウにオブジェクトを追加します。

編集→パネルグリッドアライメントを無効または編集→ダイアグラムグリッドアライメントを無効を選択して、グリッドアライメントを無効にし、表示可能なグリッドを使用してオブジェクトを手動で整列します。編集→パネルグリッドアライメントを有効または編集→ダイアグラムグリッドアライメントを有効を選択して、グリッドアライメントを再度有効にします。また、<Ctrl-#>キーを押して、アライメントグリッドを有効または無効にすることができます。(フランス語のキーボードでは<Ctrl-#>)

(macOS) <Command-*>キーを押します。(Linux)<Alt-#>キーを押します。

オプションダイアログボックスのフロントパネルページまたはブロックダイアグラムページでグリッドオプションを使用して、新規VIのすべてに対してグリッドオプションを設定できます。また、VIプロパティダイアログボックスを使用して、現在のVIのグリッドサイズを設定することができます。

配置したオブジェクトを軸に沿って整列するには、ツールバー上のオブジェクトを整列プルダウンメニューを使用するか、編集→項目を整列を選択します。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった