ループから出る配列を自動的に連結する



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

ループから出る配列を自動的に連結するには、配列をループ出力トンネルに直接配線し、トンネルを右クリックしてショートカットメニューからトンネルモード→連結を選択します。連結を選択すると、すべての入力を順に連結して、配線された配列入力と同じ次元の出力配列を形成します。トンネルモードには、他に最後の値指標があります。最後の値を選択すると、最終ループ反復の最後の値を表示できます。指標を選択すると、より高次元の配列を作成できます。また、条件に従ってループ出力トンネルに書き込む値を変更することができます。

配列を自動的に連結するサンプルについては、labview\examples\Structures\Shift Registers and TunnelsディレクトリのLoop Tunnel Modes VIを参照してください。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった