オブジェクトを自動配線する



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

選択したオブジェクトをブロックダイアグラムの別のオブジェクトの近くに移動すると、有効な接続を示すワイヤが一時的に描画されます。マウスボタンを放してブロックダイアグラムにオブジェクトを追加すると、ワイヤが自動的に接続されます。また、既にブロックダイアグラム上にあるオブジェクトを自動的に配線することもできます。LabVIEWでは、対応し合う端子が接続され、対応しない端子は接続されません。

位置決めツールを使用してオブジェクトを移動するときに、スペースバーを押すと自動配線の有効/無効が切り替えられます。自動配線はデフォルトで関数パレットからオブジェクトを選択する際、またはブロックダイアグラムに既にあるオブジェクトをコピーする際に有効になります。位置決めツールを使用してすでにブロックダイアグラム上にあるオブジェクトを移動すると、デフォルトで自動配線は無効になります。自動配線が有効に設定されている場合、選択したオブジェクトをドラッグする際、そのオブジェクトの外観は変わりません。自動配線が無効に設定されている場合、選択したオブジェクトをドラッグする際、そのオブジェクトの枠線は点線で表示されます。

以下の手順に従って、ブロックダイアグラムにオブジェクトを追加する際、自動的にオブジェクトを配線します。

  1. 必要に応じて、自動配線を有効にして、自動配線するオブジェクトの最大距離と最小距離を設定します。
  2. フロントパネルウィンドウに数値制御器を追加します。
  3. <Ctrl-E>キーを押して、ブロックダイアグラムを表示します。(macOS) <Command-E>キーを押します。(Linux) <Alt-E>キーを押します。
  4. 関数パレットから「」関数を選択します。
  5. ブロックダイアグラムで数値制御器端子の右側付近に関数の左側の部分を移動します。関数を端子に近づけると、有効な接続を示すワイヤが一時的に描画されます。関数が手順1で設定した最大距離と最小距離の範囲内であることを確認してください。
  6. 数値制御器端子と「和」関数の左上の端子に一時的なワイヤが表示されたら、マウスボタンをクリックして関数を追加し、オブジェクトを配線します。
  7. 必要な端子をすべて配線してください。上記の手順を行わないと、VIは壊れた状態となり、実行できません。詳細ヘルプウィンドウを使用して、ブロックダイアグラムノードに必要な端子を確認します。必要な端子のラベルは、詳細ヘルプウィンドウ内に太字で表示されます。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった