数値表記法を変更する



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

数値オブジェクトの表記法を変更し、LabVIEWがデータを強制する回数を減らすことによって、メモリを節約することができます。

デフォルトでは、数値定数の表記法は入力された定数の値に自動的に合わせられます。たとえば、1の値を持つ数値定数のデフォルトの表記法は32ビット整数です。定数の値を1.1に変更すると、この定数の表記法は倍精度小数点数に変わります。

以下の手順に従って、数値オブジェクトの表記法を変更します。

  1. 数値オブジェクトを右クリックします。
  2. ショートカットメニューから表記法を選択します。
  3. データに最適なデータタイプを選択します。
メモ  スライドおよび回転式の制御器と表示器では複素数を表示できません。

ショートカットメニューを使用してオブジェクトの表記法を変更する場合、入力値にかかわらずオブジェクトで指定した表記法になります。

」、「Sine」、「Cosine」など一部の関数は、常に浮動小数点を出力します。これらの関数の入力に整数を配線すると、これらの関数は整数を倍精度浮動小数点数に変換してから計算を実行します。

定数をリセットし、その値に基づいてタイプを決定するには、定数を右クリックしてショートカットメニューから入力データに適応を選択します。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった