パス制御器の値を変更する



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

パス制御器または表示器のパス記号無効パス記号に変化すると、パスが無効であることを示す<無効パス>がテキストフィールドに表示されます。ユーザがパスを指定しない場合のために無効パス値をパス制御器のデフォルト値として使用して、パスを選択するオプションを提供するファイルダイアログボックスを表示します。ファイルダイアログボックスを表示するには、「ファイルダイアログ」Express VIを使用します。

は以下の手順に従って、パス制御器の値を変更します。

  1. パス記号をクリックします。
  2. ショートカットメニューから有効パスまたは無効パスを選択します。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった