クラスタを比較する



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

比較するクラスタは、クラスタ内の各要素が互換性のあるタイプで同じクラスタ順序でなければならない同じ数の要素を含む必要があります。たとえば、DBLおよび文字列を含むクラスタとI32および文字列を含むクラスタは比較することが可能です。

要素の比較モードでは、比較関数は、各要素がそれぞれ入力クラスタ内の対応する要素のブール要素のクラスタを返します。

基礎群の比較モードでは、クラスタ内で要素が比較され、結果が1つのブール値で返されます。関数は、結果が出るまで要素を順に比較します。これは、英単語をアルファベット順に並べ替える作業に似ています。単語を並べ替えるには、各単語の文字を異なる文字が見つかるまで先頭から比較します。そのため、関数は以下のステップを実行して比較結果を出します。

  • 各入力クラスタの対応する要素を先頭から順に比較します。
  • 対応する要素が等しくない場合、関数は停止し、比較の結果を返します。
  • 対応する要素が等しい場合、次の値のペアを比較します。不一致が検出されるか、どちらかの入力クラスタの最後の要素に達するまで比較を繰り返します。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった