ループ出力トンネルに条件付きで書き込む



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

LabVIEWがループ出力トンネルに書き込む値を、条件に基づいて決定することができます。条件を指定するには、ループ出力トンネルを右クリックしてショートカットメニューからトンネルモード→条件を選択します。

条件メニュー項目を選択すると、ブロックダイアグラムが簡略化されます。たとえば、以下のブロックダイアグラムは、右の図にある条件出力トンネルと同じ機能を左の図にあるケースストラクチャで実現するか示しています。

条件メニュー項目は、あらゆるトンネルモードで選択できます。以下の表は、各トンネルモードで条件メニューを選択した結果を示しています。

トンネルモード結果
最後の値最終ループ反復の最後の値を条件に従って保存します。フィードバックノードに書き込まれた最新値は、この最後の値を読み取ることで確認できます。
指標条件に従って要素を配列に格納して指標付けします。
連結条件に従って、すべての入力を順に追加して、配線された配列入力と同じ次元の出力配列を形成します。

条件付きでループ出力トンネル配列に値を書き込むサンプルについては、labview\examples\Structures\Shift Registers and TunnelsディレクトリのLoop Tunnel Modes VIを参照してください。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった