固定小数点数を構成する



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

数値制御器、定数、または表示器で固定小数点エンコーディングを構成することができます。

固定小数点の制御器、定数、または表示器を構成した後は、そのオブジェクトは設定する構成に適合しない数値を表示できません。構成したオブジェクトが表示器である場合、すべての入力値は、その表示器の固定小数点の構成設定に合うように強制変換されます。

制御器を構成する

以下の手順に従って、数値制御器の固定小数点数を構成します。

  1. 制御器を右クリックし、ショートカットメニューからプロパティを選択して数値定数プロパティダイアログボックスを表示します。
  2. データタイプページでは、表記法セクションでデータタイプアイコンをクリックして、ショートカットメニューからFXP固定小数点)を選択します。固定小数点の構成セクションでは、エンコーディング範囲オプションのデフォルト値が表示されます。
  3. (オプション)以下の手順に従って、固定小数点のエンコーディングを構成します。
    1. 符号付きまたは符号なしを選択し、符号付きと符号なしのどちらで数値を表記するかを指定します。
    2. ワード長フィールドで、固定小数点数値の表記に使用するビットの総数を指定します。
    3. 整数ワード長フィールドで、固定小数点数値の表記に使用する整数ビットの数を指定します。
メモ  LabVIEWは固定小数点数の範囲を、固定小数点数のエンコーディングに指定した値に従って計算します。
  1. (オプション)固定小数点数のオーバーフローステータスを含める場合は、オーバーフローステータスを含むチェックボックスをオンにします。
  2. OKボタンをクリックしてダイアログボックスを閉じて、構成設定を適用します。

定数を構成する

以下の手順に従って、数値定数の固定小数点数を構成します。

  1. 定数を右クリックし、ショートカットメニューからプロパティを選択して、数値定数プロパティダイアログボックスを表示します。
  2. データタイプセクションで、入力されたデータに適応チェックボックスをオフにします。
メモ  入力されたデータに適応を選択する際、LabVIEWは入力する値を可能な限り短いワード長と整数ワード長で表示します。固定小数点の構成設定に加える変更を保持するようにLabVIEWを構成する場合、このチェックボックスをオフにする必要があります。
  1. 表記法セクションでデータタイプアイコンをクリックして、ショートカットメニューからFXP固定小数点)を選択します。固定小数点の構成セクションでは、範囲エンコーディングオプションのデフォルト値が表示されます。
  2. (オプション)以下の手順に従って、固定小数点のエンコーディングを構成します。
    1. 符号付きまたは符号なしを選択し、符号付きと符号なしのどちらで数値を表記するかを指定します。
    2. ワード長フィールドで、固定小数点数値の表記に使用するビットの総数を指定します。
    3. 整数ワード長フィールドで、固定小数点数値の表記に使用する整数ビットの数を指定します。
メモ  LabVIEWは固定小数点数の範囲を、固定小数点数のエンコーディングに指定した値に従って計算します。
  1. (オプション)固定小数点数のオーバーフローステータスを含める場合は、オーバーフローステータスを含むチェックボックスをオンにします。
  2. OKボタンをクリックしてダイアログボックスを閉じて、構成設定を適用します。

表示器を構成する

以下の手順に従って、数値表示器の固定小数点数を構成します。

  1. 表示器を右クリックし、ショートカットメニューからプロパティを選択して、数値プロパティダイアログボックスを表示します。
  2. データタイプページでは、表記法セクションでデータタイプアイコンをクリックして、ショートカットメニューからFXP固定小数点)を選択します。固定小数点の構成セクションでは、範囲エンコーディングオプションのデフォルト値が表示されます。
  3. (オプション)入力固定小数点の値の固定小数点の構成設定を継承するように値を構成する場合、ソースに適応チェックボックスをオンにします。このオプションを選択した場合、手順7に進みます。
  4. (オプション)以下の手順に従って、固定小数点のエンコーディングを構成します。
    1. 符号付きまたは符号なしを選択し、符号付きと符号なしのどちらで数値を表記するかを指定します。
    2. ワード長フィールドで、固定小数点数値の表記に使用するビットの総数を指定します。
    3. 整数ワード長フィールドで、固定小数点数値の表記に使用する整数ビットの数を指定します。
メモ  LabVIEWは固定小数点数の範囲を、固定小数点数のエンコーディングに指定した値に従って計算します。
  1. (オプション)固定小数点数のオーバーフローステータスを含める場合は、オーバーフローステータスを含むチェックボックスをオンにします。
  2. OKボタンをクリックしてダイアログボックスを閉じて、構成設定を適用します。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった