数値関数の出力設定を構成する



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

数値関数は多態性関数です。異なる表記法の複数の数値入力を関数に配線すると、通常関数はより大きい(または広い)表記法でデータを返します。関数は実行前により小さい表記法を最も広い表記法に強制変換して、LabVIEWは変換が行われる端子に強制ドットを表示します。

ただし、指定するデータタイプを返すように数値関数を構成できます。出力に固定小数点表記を選択して、データタイプページのソースに適応チェックボックスをオフにすると、出力のエンコードおよびオーバーフローおよび/また丸め込みの関数による処理方法を手動で構成できます。このチェックボックスをオフにすると、関数の出力端子に青い強制ドットが表示されます。この場合、データ喪失が発生するかどうかは、出力タイプの幅と範囲により決定されます。

出力の表記法を構成する

以下の手順に従って、数値関数の出力の表記法を構成します。

  1. 関数を右クリックして、ショートカットメニューからプロパティを選択して、オブジェクトプロパティダイアログボックスを表示します。
  2. 出力構成ページでは、表記法セクションでデータタイプアイコンをクリックして、ショートカットメニューから出力に使用するデータタイプを選択します。選択するデータタイプが入力値のデータタイプと一致しない場合、LabVIEWはソースに適応チェックボックスをオフにします。
  3. 表記法FXP固定小数点)に設定した場合は、以下のセクションの手順に従います。それ以外の場合は、OKボタンをクリックしてダイアログボックスを閉じて、構成設定を適用します。

固定小数点出力設定を構成する

以下の手順に従って、固定小数点出力設定を構成します。

  1. 数値関数を右クリックして、ショートカットメニューからプロパティを選択して、オブジェクトプロパティダイアログボックスを表示します。
  2. 出力構成ページでは、表記法セクションでデータタイプアイコンをクリックして、ショートカットメニューからFXP固定小数点)アイコンを選択します。固定小数点データタイプが入力値のデータタイプと一致しないため、LabVIEWはソースに適応チェックボックスをオフにします。
  3. 丸め込みモードを選択して、関数による丸め込みの状態の処理方法を指定します。
  4. オーバーフローモードで、関数によるオーバーフロー状態の処理方法を選択します。
  5. (オプション)以下の手順に従って、出力のエンコーディングを構成します。
    1. 符号付きまたは符号なしを選択し、符号付きと符号なしのどちらで数値を表記するかを指定します。
    2. ワード長フィールドでは、使用する合計ビット数を指定して、出力の値を表します。
    3. 整数ワード長フィールドでは、使用する整数ビット数を指定して、出力の値を表します。
メモ  エンコーディングを指定すると、範囲を指定した場合よりもパフォーマンスがよくなります。範囲の指定は、パフォーマンスにはほとんど影響ありません。ただし、FPGAなどのターゲットで希望する範囲に値を強制変換するVIを実行すると、パフォーマンスが非常に低下する可能性があります。
  1. (オプション)以下の手順に従って、出力の範囲を構成します。オーバーフローモードとして切り捨てを選択した場合は、出力の範囲はエンコーディングに合うよう自動的に設定されるため、手動で設定できません。
    1. 最小フィールドに、出力の最小値を入力します。
    2. 最大フィールドに、出力の最大値を入力します。
    3. Δフィールドに、範囲内の数値の増分値を入力します。
メモ  設定はエンコーディング範囲は互いに依存し合うため、これら両方を構成することはできません。最後に構成した設定は、LabVIEWが固定小数点数に使用する設定になります。
  1. (オプション)オーバーフローステータスを含むチェックボックスをオンにして、固定小数点数出力のオーバーフローステータスを追加します。数値関数にオーバーフローステータスの入力が1つでもある場合は、このチェックボックスの設定に関係なく、固定小数点数の出力にもオーバーフローステータスが追加されます。
  2. OKボタンをクリックしてダイアログボックスを閉じて、構成設定を適用します。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった