パス制御器の参照オプションを構成する



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

パス制御器を右クリックし、ショートカットメニューから表示項目→参照ボタンを選択して、その横のチェックボックスをオンにすることで、パス制御器の参照ボタンを表示することができます。また、参照ボタン:表示プロパティを使用して、参照ボタンをプログラム的に表示することもできます。

以下の手順に従って、選択可能なパスの種類、開始パス、一致するパターンなど、ファイルパス制御器の参照ボタンをクリックすると表示されるファイルダイアログの設定をカスタマイズします。

  1. パス制御器を右クリックし、ショートカットメニューから参照オプションを選択して、パスプロパティダイアログボックスの参照オプションページを表示します。
  2. 選択モードセクションで適切なオプションを選択します。このセクションのオプションは、「ファイルダイアログ」Express VIの構成ダイアログボックスの選択モードオプションに似ています。
メモ  パス制御器を使用してLLBまたはパックライブラリを選択するには、llbおよびlvlibp内にあるファイルの選択を許可チェックボックスをオフにし、ファイルダイアログボックスでLLBまたはパックライブラリを選択します。または、llbおよびlvlibp内にあるファイルの選択を許可チェックボックスをオンにし、ファイルまたはフォルダオプションボタンを選択し、ファイルダイアログボックスでLLBまたはパックライブラリを選択して、表示される2番目のファイルダイアログボックスのファイルリストから2番目のフォルダアイコンを選択します。
  1. OKボタンをクリックします。
ヒント 「ファイルダイアログ」Express VIまたは「ファイルを開く/作成/置換」関数を使用して、ファイルダイアログボックスに複数のファイルタイプをリストするには、文字列定数または制御器をパターン端子に配線して、セミコロンでパターンを区切ります(例: fx*.bin、*.c)。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった