グラフまたはチャート上のX軸とY軸を構成する



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

グラフまたはチャートのXスケールまたはYスケールを右クリックして、ショートカットメニューから以下のオプションのいずれかを選択して、X軸またはY軸を構成します。これらのオプションは、グラフまたはチャートを右クリックして、ショートカットメニューのXスケールまたはYスケールを選択してアクセスすることもできます。XスケールプロパティおよびYスケールプロパティを使用して、スケールをプログラム的に選択することもできます。

メモ メモ  以下のショートカットメニューオプションは、3Dグラフに適用されません。
  • マーカ間隔均一(デフォルト)または任意のマーカ間隔を使用します。デフォルトでは、スケールマーカは均一に設定されており、間隔は均等になります。任意マーカ間隔を選択して、スケールに対して特定の内部マーカを表示できます。任意マーカ間隔は、スライドまたは回転式制御器上に設定点やしきい値などの特定の点をいくつか作成するのに役立ちます。
  • マーカを追加―スケールにマーカを追加します。このオプションは、マーカ間隔均一の場合には使用できません。
  • マーカを削除―スケールからマーカを削除します。このオプションは、マーカ間隔均一の場合、またはスケールに2つの両端マーカしか含まれていない場合は使用できません。
  • 形式と精度―X軸またはY軸のフォーマットするのに利用可能なダイアログボックスを表示します。
  • スタイル―スケール上のマークのスタイルを設定します。
  • マッピング線形(デフォルト)または対数を選択します。
  • 自動スケールXまたは自動スケールY―入力データに応じてxスケールまたはyスケールを自動スケールします。
  • ルースフィット―このオプションの横のチェックボックスをオンにして、スケールに使用される増分の倍数に両端マーカを丸め込みます。
  • 表示スケールラベル―スケールラベルを表示します。
  • デジタルバスを展開―デジタル波形データを個々のデータラインとして表示します。このオプションはデジタル波形グラフにのみ使用できます。また、デジタルバスを展開プロパティを使用して、データをどのように表示するかをプログラム的に設定できます。
  • サイドスワップ―スケールを表示の逆側へ移動します。このオプションは、グラフまたはチャートの片側に2つのスケールがある場合に役に立ちます。
メモ メモ  グラフまたはチャートのxスケールまたはyスケールを構成した後、ショートカットメニューから上級→スケールレイアウトをリセットを選択してxスケールまたはyスケールの位置をリセットします。
  • スケールを複製―スケールをコピーして、グラフまたはチャートにそのスケールを新規スケールとして追加します。
  • スケールを削除―スケールを削除します。このオプションは、グラフまたはチャートに複数のXスケールまたはYスケールがある場合にのみ利用可能です。

また、グラフチャートグラフスケールスケールプロパティを使用して、グラフまたはチャートのXスケールまたはYスケールをプログラム的に構成することができます。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった