VIを動的に呼び出すタイプ指定されたVIリファレンスを作成する



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

リファレンス呼び出しノードまたは非同期呼び出しを開始ノードを使用してVIを動的に呼び出すには、指定タイプ定義のあるタイプ指定されたVIリファレンスを作成します。タイプ指定されたVIリファレンスは、呼び出し中のVIとそのコネクタペーンの両方を識別します。

リファレンス呼び出しノードまたは非同期呼び出しを開始ノードと使用するタイプ指定されたVIリファレンスを作成するには、以下の手順に従ってください。

  1. ブロックダイアグラムに「VIリファレンスを開く」関数を追加します。
  2. タイプ指定されたリファレンスを作成するのに使用するVIへのパスを「VIリファレンスを開く」関数のVIパス入力に配線します。
  3. 「VIリファレンスを開く」関数のタイプ識別子VI Refnum入力を右クリックし、ショートカットメニューから作成→定数を選択します。
  4. タイプ識別子VI Refnum定数を右クリックし、VIサーバクラスを選択→参照を選択して、表示されるファイルダイアログボックスからVIを選択します。また、フロントパネルまたはブロックダイアグラムウィンドウの右上隅のVIアイコンを選択して、このアイコンをタイプ識別子VI Refnum定数へドラッグすることもできます。VIを選択すると、リファレンスがタイプ指定であることを示す取り消しアイコン()がリファレンスの左上に表示されます。
メモ  選択したVIのコネクタペーンは、「VIリファレンスを開く」関数のVIパス入力にパスを配線したVIのコネクタペーンと一致する必要があります。両方の入力に同じVIを使用できます。

これで、「VIリファレンスを開く」関数のVIリファレンス出力が、タイプ指定されたVIリファレンスになりました。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった