プロパティノードおよびインボークノードから制御器リファレンスサブVIを作成する



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

以下の手順に従って、制御器リファレンスを含むサブVIを直接プロパティノードまたはインボークノードから作成します。

  1. オブジェクトに暗示的にリンクされるプロパティノードまたはインボークノードを作成するには、制御器リファレンスサブVIを作成するフロントパネルオブジェクトまたはそのブロックダイアグラム端子を右クリックして、作成→プロパティノードまたは作成→インボークノードを選択し、ショートカットメニューからプロパティまたはメソッドを選択します。
  2. 位置決めツールを使用して新規のプロパティノードまたはインボークノードを選択し、編集→選択範囲をサブVIに変換を選択します。LabVIEWは、メインVIのブロックダイアグラム上の制御器に制御器リファレンスを自動的に作成し、プロパティノードまたはインボークノードに配線した制御器Refnumを含むサブVIを作成して、メインVI上の制御器リファレンスを新規サブVIの制御器Refnum入力端子に配線します。
メモ  同時に数個のプロパティノードまたはインボークノードを選択して、複数の制御器Refnumとプロパティノードまたはインボークノードを含むサブVIを作成します。
  1. サブVIをダブルクリックし、開きます。その他のVIの場合と同様に、プロパティノードまたはインボークノードおよびサブVIのその他の要素を変更します。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった