フリーラベルを作成する



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

以下の手順に従って、フリーラベルを作成します。

  1. ラベリングツールを使用して、空白のスペースをクリックします。自動ツール選択が有効になっている場合は、任意の空白スペースをダブルクリックします。

    また、制御器パレットか関数パレットでラベルを選択し、フロントパネルまたはブロックダイアグラムに配置することができます。

    文字を入力するためのテキストカーソルが左端に表示された小さなボックスが開きます。
  2. ラベルに表示するテキストを入力します。

    ブックマークを作成するには、ブロックダイアグラム上のラベルにハッシュタグ(#)を追加します。フロントパネルまたはブロックダイアグラムのラベルのURL(プロトコル://ドメイン名)を追加して、インターネット上のファイルまたはネットワーク上のファイルへのハイパーリンクを作成します。フロントパネルのラベルのハイパーリンクを無効にするには、フリーラベルを右クリックして、ショートカットメニューでハイパーリンクを有効化の選択を解除します。ブロックダイアグラムのラベルでハイパーリンクを無効にすることはできません。

    キーボードの<Enter>キーを押して、新しい行を追加することができます。
  3. ラベルの外側の任意の場所をクリックして、編集操作を完了します。また、テキストの入力を開始すると表示されるテキストを入力してくださいボタンをクリックするか、数字キーパッドに<Enter>キーを押すか、<Ctrl-Enter>キーを押すことができます。(macOS) <Option-Enter>キーを押します。(Linux) <Alt-Enter>キーを押します。

フリーラベルを使用してVIにコメントを追加することができます。

メモ  オプションダイアログボックスの環境ページのEnterキーでテキスト入力を終了チェックボックスをオンにした場合は、<Enter>キーで編集操作を完了することができます。

添付コメントを作成する

ブロックダイアグラム上で、フリーラベルをブロックダイアグラムオブジェクトに添付することができます。コメントは1つのオブジェクトにしか添付できませんが、1つのオブジェクトに複数のコメントを添付することができます。

添付コメントを作成するには、フリーラベルの上にカーソルを置いて右下隅にグリフ()を表示させます。グリフをブロックダイアグラムオブジェクトまでドラッグします。

グリフをクリックしてから、オブジェクトをクリックすることでも同じことが行えます。

コメントを接続解除するには、コメントを右クリックして、ショートカットメニューからオブジェクトからラベルを取り外すを選択します。

関連情報

環境ページ

未完了タスクを管理する

オプションダイアログボックス

ツールを選択する



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった