ローカル変数を作成する



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

2つのブロックダイアグラムの位置から1つのフロントパネルオブジェクトに書き込みを行う、または2つのブロックダイアグラムの位置から1つのフロントパネルオブジェクトに読み取りを行う場合、ローカル変数を使用する必要がある場合があります

フロントパネルオブジェクトまたはブロックダイアグラム端子を右クリックし、ショートカットメニューから作成→ローカル変数を選択して、ブロックダイアグラムに追加できるローカル変数を作成します。

以下の手順に従って、ローカル変数を作成してフロントパネルオブジェクトに関連付けます。

  1. ローカル変数をブロックダイアグラムに追加します。ローカル変数ノードは、まだ制御器または表示器に関連付けられていません。
  2. ローカル変数ノードを右クリックして、項目を選択ショートカットメニューからフロントパネルオブジェクトを選択します。ショートカットメニューに付属ラベルのあるすべてのフロントパネルオブジェクトが表示されます。操作ツールまたはラベリングツールを使用してローカル変数ノードをクリックし、ショートカットメニューからフロントパネルオブジェクトを選択することもできます。
メモ  LabVIEWは独自の付属ラベルを使用してローカル変数をフロントパネルオブジェクトに関連付けるため、フロントパネル制御器および表示器には記述的な付属ラベルを付けてください。



「データ通信方法」ホーム



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった