オブジェクトにラベルを付ける



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

特定のフロントパネルとブロックダイアグラムオブジェクトに注釈を付けるには、付属ラベルを使用します。LabVIEWには、名前ラベル、サブダイアグラムラベル、単位ラベルの3種類の付属ラベルがあります。

ラベルのサイズを変更したり、ラベルのテキストの特性を変更することができます。

特定のオブジェクトにラベルを付ける

制御器、表示器、関数、ワイヤなど、特定のオブジェクトを識別するには、名前ラベルを使用します。名前ラベルを作成するには、オブジェクトを右クリックし、ショートカットメニューから表示項目»ラベルを選択し、ラベルを編集します。

ストラクチャにラベルを付ける

ブロックダイアグラムのストラクチャ内のコードを説明するには、サブダイアグラムラベルを使用します。イベントストラクチャやフラットシーケンスストラクチャなどの複数のサブダイアグラムを持つストラクチャでは、ラベルはサブダイアグラムごとに表示されます。サブダイアグラムラベルを作成するには、ストラクチャを右クリックし、ショートカットメニューから表示項目»サブダイアグラムラベルを選択し、ラベルを編集します。

数値制御器や表示器に測定単位を関連付ける

数値制御器や表示器に物理的な測定単位を関連付けるには、単位ラベルを使用します。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった