TCPサーバを作成する



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

以下の手順に従って、TCP関数を使用してTCPサーバを作成します。

  1. TCPリスン」VI、または「TCPリスナを作成」および「TCP リスナを待機」関数を使用して、接続を待機します。サーバのポート、またオプションとしてサービス名を指定する必要があります。このポートまたはサービス名はクライアントがアクセスを試みるポートまたはサービス名と同じでなければなりません。
    • 「TCPリスン」VI
    • 「TCPリスナを作成」関数
    • 「TCPリスナを待機」関数
  2. 接続が確立された場合、「TCP書き込み」関数を使用して、クライアントにメッセージを送信します。データはクライアントが受け入れることが可能な形式である必要があります。
  3. TCP読み取り」関数を使用して、クライアントからメッセージを読み取ります。
  4. TCP接続を閉じる」関数を使用して接続を閉じます。

TCPサーバのサンプルについては、以下のVIを参照してください。

  • labview\examples\Data Communication\Protocols\TCP\TCP Named Service\TCP Named Service.lvproj



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった