透明なオブジェクトを作成する



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

フロントパネルオブジェクトを透明にすることができます。これによりユーザが特定のオプションを選択すると同じ場所に表示されるように、複数の制御器と表示器を重ね合わせることが可能になります。透過性はオブジェクトの外観にのみ影響します。オブジェクトは通常どおりマウスとキー操作に反応します。

メモ  システム制御器は、VIを実行するプラットフォームに応じて外観を変更するため色は変更できません。これらの制御器は使用するシステムに設定された色で表示されます。

オブジェクトを透明にするには、以下の手順に従います。

  1. 色の設定ツールでオブジェクトを右クリックして、カラーパレットを表示します。自動ツール選択が有効な場合は、ツールパレットから色の設定ツールを選択して自動ツール選択を無効にします。
    ヒント <Shift>を押したまま、マウスを右クリックして、カーソルのある位置でツールパレットの一時的バージョンを表示します。
  2. カラーパレットの右上にある(T) を選択します。

また、枠などフロントパネルオブジェクトの一部を透明にすることもできます。

オブジェクトの枠を透明にするには、以下の手順に従います。

  1. 文字列制御器などのオブジェクトの枠を色の設定ツールで右クリックして、カラーパレットを表示します。自動ツール選択が有効な場合は、ツールパレットから色の設定ツールを選択して自動ツール選択を無効にします。
  2. <F>を押したまま、カラーパレットの右上隅にあるTボックスを選択します。制御器の枠が透明になります。フロントパネルの背景、またはその制御器を含むオブジェクトの色によって制御器の枠の色が決定します。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった