LLBを作成する



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

以下の手順に従って、新規のLLBを作成します。

  1. VIのブロックダイアグラムまたはフロントパネルからファイル→保存または別名で保存を選択してファイルダイアログボックスを表示します。

    (macOS) ネイティブのファイルダイアログボックスを使用する場合、ファイルダイアログボックスのUse LLBsボタンをクリックします。
メモ  ブロックダイアグラムまたはフロントパネルからツール→LLBマネージャを選択してLLBマネージャウィンドウを表示することにより、既に保存してあるVIで新しいLLBを作成することができます。
  1. 新規LLBボタンをクリックして、新規LLBダイアログボックスを表示します。
  2. 新しいLLBの名前を入力し、作成ボタンをクリックします。
  3. 表示されたファイルダイアログボックスで、VIの名前を入力し、新規のLLBに保存します。LLBの名前に自動的に.llb拡張子が追加されます。
  4. OKボタンをクリックします。

また、ソース配布プロパティダイアログボックスの出力先ページでソース配布の出力先を出力に設定することができます。

既存LLBにVIを保存することもできます。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった