選択範囲からサブVIを作成する



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

VIの一部をサブVIに変換するには、位置決めツールを使用して、再利用するブロックダイアグラムの部分を選択し、編集→選択範囲をサブVIに変換を選択します。ブロックダイアグラム上で選択した部分は、新しいサブVIのアイコンに置換されます。新しいサブVIの制御器と表示器が作成され、このサブVIが既存のワイヤに配線されます。

選択範囲からサブVIを作成する方法は便利ですが、論理的なVIの階層を作成するためには綿密なプランニングが必要です。どのオブジェクトを選択範囲に含めるかを慎重に検討し、元のVIと作成するVIの機能が変更されないように注意してください。

VIの選択範囲からサブVIを作成する場合には、以下の点に注意してください。

  • 選択範囲からサブVIを作成することは、選択されたオブジェクトを削除し、それらをサブVIと置換する動作と同じです。いずれの場合もLabVIEWは以下の操作を実行します。
    • 元のVIから選択されているブロックダイアグラム端子は削除されません。制御器または表示器は元のVIのフロントパネル上に残り、新しいサブVIに配線されます。
    • 選択範囲のプロパティノードまたはローカル変数のあるフロントパネルオブジェクトでは、元のブロックダイアグラムに制御器リファレンスが追加され、サブVIにリファレンスが配線されます。サブVIでは、リファレンスはプロパティノードに配線されます。
  • コネクタペーンの接続の最大数は28個であるため、サブVIを作成する際には、29個以上のオブジェクトを選択しないでください。
  • ブロックダイアグラムでサイクルを作成することは避けてください。
  • また、選択範囲内にブロックダイアグラム端子を含むストラクチャを含めることは避けてください。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった