制御器および表示器の一部となる制御器および表示器をカスタマイズする



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

制御器または表示器には、その制御器または表示器の一部として、その他の制御器または表示器を含めることができます。このトピックでは、別の制御器または表示器の一部として使用される制御器および表示器はコンポーネント制御器および表示器と呼ばれます。たとえば、スライド制御器はデジタル数値制御器をデジタル表示用に使用するため、デジタル数値制御器はコンポーネント制御器となります。フロントパネルで制御器または表示器の一部分を移動することで、制御器または表示器の一部分がコンポーネント制御器または表示器であるかどうかを確認することができます。コンポーネント制御器または表示器は、親制御器または表示器から独立して移動することができます。

多くの場合、コンポーネント制御器または表示器は複数の異なる部分で構成されています。制御器エディタウィンドウで元の制御器または表示器を編集すると、コンポーネント制御器または表示器は単一の部分として動作します。これはコンポーネント制御器または表示器の個々の部分を変更または移動することができないことを意味します。ただし、コンポーネント制御器または表示器のみを含む2番目の制御器エディタウィンドウを表示することで、コンポーネント制御器または表示器をカスタマイズすることができます。編集モードでコンポーネント制御器または表示器を選択できない場合を除いて、カスタマイズモードで元の制御器エディタウィンドウを配置して、2番目の制御器エディタウィンドウを表示する必要はありません。

以下の手順に従って、コンポーネント制御器または表示器をカスタマイズします。

  1. フロントパネルウインドウでカスタマイズする制御器または表示器を右クリックし、ショートカットメニューから上級→カスタマイズを選択して制御器エディタウィンドウを表示します。
  2. 制御器エディタウィンドウでコンポーネント制御器または表示器を右クリックし、ショートカットメニューから上級→カスタマイズを選択して、コンポーネント制御器または表示器のみを含む別の制御器エディタウィンドウを表示します。
  3. カスタマイズモードに変更ボタンをクリックし、カスタマイズモードで新規の制御器エディタウィンドウを配置します。
  4. 制御器または表示器の個々の部分に変更を加えます。制御器または表示器のサイズ、カラー、要素の相対位置の変更または画像のインポートなどが可能です。
  5. ファイル→変更を適用を選択し、元の制御器エディタウィンドウでコンポーネント制御器または表示器に変更を適用します。変更を適用メニュー項目は、元のコンポーネント制御器または表示器に変更を加えた後のみ有効になります。コンポーネント制御器または表示器に変更を加え、ファイル→変更を適用を選択せずに制御器エディタウィンドウを閉じようとした場合、元のコンポーネント制御器または表示器をカスタムコンポーネント制御器または表示器で置き換えるかどうかを確認するメッセージが表示されます。

制御器エディタウィンドウは、無限にネストすることができます。ただし、ほとんどの制御器または表示器は上位レベルでのみ別の制御器または表示器を一部分として使用します。例外として、別の制御器を一部分として使用する複雑な制御器を使用するグラフが挙げられます。

フロントパネルに表示されるコンポーネント部分

コンポーネント制御器または表示器がフロントパネルで表示されている場合、直接フロントパネルからコンポーネント制御器または表示器のみを含む制御器エディタウィンドウを表示することができます。

以下の手順に従って、フロントパネルウィンドウからコンポーネント制御器または表示器をカスタマイズします。

  1. カスタマイズする制御器または表示器を右クリックし、ショートカットメニューから上級→カスタマイズを選択して、コンポーネント制御器または表示器のみを含む制御器エディタウインドウを表示します。

    位置決めツールを使用して、カスタマイズするコンポーネント制御器または表示器を選択し、編集→制御器をカスタマイズを選択して制御器エディタウィンドウを表示します。
  2. コンポーネント制御器または表示器に対して、変更を行います。制御器または表示器のサイズ、カラー、要素の相対位置の変更または画像のインポートなどが可能です。
  3. ファイル→変更を適用を選択し、コンポーネント制御器または表示器に変更を適用します。変更を適用メニュー項目は、元のコンポーネント制御器または表示器に変更を加えた後のみ有効になります。コンポーネント制御器または表示器に変更を加え、ファイル→変更を適用を選択せずに制御器エディタウィンドウを閉じようとした場合、元のコンポーネント制御器または表示器をカスタムコンポーネント制御器または表示器で置き換えるかどうかを確認するメッセージが表示されます。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった