サブVIまたはExpress VIをアイコンまたは拡張可能なノードとして表示する



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

VIおよびExpress VIをアイコンまたは拡張可能ノードとして表示することができます。拡張可能なノードは、アイコンの周りに色付きのフィールドが表示されます。拡張ノードとして表示される場合、サブVIは黄色のフィールドで囲まれたアイコンとして表示され、Express VIは青色のフィールドで囲まれたアイコンとして表示されます。ブロックダイアグラム上でスペースを節約したい場合はアイコンを使用します。配線とブロックダイアグラムのドキュメント化を容易にするには、拡張可能ノードを使用します。デフォルトで、サブVIはブロックダイアグラム上でアイコンとして表示され、Express VIは拡張可能ノードとして表示されます。

メモ  サブVIまたはExpress VIを拡張可能な状態で表示する場合は、そのノードに対するデータベースアクセスを有効にすることはできません。

以下の手順に従って、VIまたはExpress VIをアイコンとして表示します。

  1. サブVIまたはExpress VIを右クリックします。
  2. ショートカットメニューからアイコンとして表示を選択します。サブVIまたはExpress VIがアイコンとして表示されます。

アイコンとして表示オプションをオフにして、サブVIまたはExpress VIを拡張可能ノードとして表示します。

メモ  ブロックダイアグラムに新しく追加されたサブVIだけが、拡張可能ノードとして表示されます。アイコンで表示されている既存のサブVIをすべて拡張可能ノードに変換することはできません。Express VIをデフォルトでアイコンとしてブロックダイアグラムに追加することはできません。

拡張可能なサブVIやExpress VIは、サイズを変更することができます。拡張可能なサブVIまたはExpress VIのサイズを変更すると、サブVIまたはExpress VIの入力および出力端子がアイコンの下に表示されます。

また、ドロップ時にサブVIを展開プロパティを使用して、拡張可能ノードとしてサブVIをプログラム的に表示することもできます。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった