ステップ3: ユーザによるドラッグアンドドロップ操作の中断を検出する



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

ユーザは、フロントパネルのドロップターゲット以外の場所でマウスボタンを放すことで、ドラッグアンドドロップ操作を中断できます。ユーザがマウスボタンを放したときにドラッグアンドドロップ操作を中止するには、マウスアップイベントを検出してドラッグ操作の開始を中止する必要があります。シフトレジスタにFALSE値を渡すと、VIはマウスアップイベント発生時にドラッグ操作を中止します。

ユーザによるドラッグアンドドロップ操作の中断を検出するには、以下のブロックダイアグラムを作成します。

ユーザによるドラッグアンドドロップ操作の中断を検出した後で、ドラッグデータを作成してドラッグアンドドロップ操作を開始します



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった