ステップ1: ドラッグソースとドロップターゲットに使用する制御器を指定する



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

ドラッグアンドドロップイベントは、ドラッグソースとドロップターゲットに関連付けられます。ドラッグソースは、ドラッグデータを提供する制御器で、ドロップターゲットはデータを受け入れる制御器です。このトピックでは、波形グラフから数値制御器の配列にデータをドラッグアンドドロップする方法について説明します。このため、以下に示すようにドラッグソースは波形グラフ、ドロップターゲットは配列になります。

制御器は、ユーザ操作によるドラッグアンドドロップイベントの発生を検出するようVIを構成するときに関連イベントのイベントソースとして設定すると、ドラッグソース、ドロップターゲットとして識別されます。

ドロップターゲットおよびドロップターゲットとして使用する制御器を識別した後で、ユーザ操作によるドラッグアンドドロップイベントの発生を検出するようVIを構成します



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった