並列Forループ反復を有効にする



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

Forループの並列反復を有効にして、Forループの実行速度を向上させることができます。並列反復を有効にするには、以下の手順に従ってください。

  1. Forループを右クリックし反復の並列化を構成を選択します。Forループ反復並列化ダイアログボックスが開きます。
  2. ループ反復の並列化を有効チェックボックスをオンにします。
  3. 生成される並列ループインスタンス数を、そのVIを実行することが想定されるコンピュータの論理プロセッサの最大数に設定します。たとえば、最大8プロセッサのコンピュータで使用するアプリケーションを開発している場合は、8に設定します。
  4. OKボタンをクリックします。並列インスタンス(P)端子がForループのカウント(N)端子の下に表示されます。並列インスタンス端子に値を配線しなくても、並列反復は有効になります。この端子は、並列Forループのパフォーマンスを調整する必要がある場合に使用します。

並列反復を有効にした後は、Forループで並列反復を実行できるか検証します。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった