実行のハイライト



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

実行のハイライトを使用して、ブロックダイアグラムの実行を動画的に表示します。実行のハイライトでは、ワイヤ上で移動するバブルによりブロックダイアグラムのノードからノードへのデータの動きが表示されます。実行のハイライトをシングルステップと使用して、VI全体でデータがノードからノードにどのように移動するかを確認します。

(MathScript RTモジュール)MathScriptノードでは、実行のハイライトは、現在実行中のラインの横に点滅する青い矢印でスクリプトの各ラインの進行状況が示されます。

メモ  実行のハイライトは、VIの実行速度を大幅に削減します。

以下の手順に従って、実行のハイライトを使用します。

  1. 任意のVIのブロックダイアグラムを開きます。
  2. ブロックダイアグラムのツールバーにある実行のハイライトボタンをクリックして、実行のハイライトを有効にします。
  3. VIを実行して、ブロックダイアグラムのデータフローを表示します。

    実行のハイライトでは、バブルがワイヤ上を移動してノードからノードへのデータの移動を印付け、各端子上の値が表示されます。
  4. VIを停止します。
  5. 実行のハイライトボタンを再度クリックして、実行のハイライトを無効にします。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった