前回の実行からの最終値をフィードバックノードに渡す



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

ブロックダイアグラムにフィードバックノードを追加すると、初期化端子がノード上に表示されます。このノードは、VIがコンパイルまたはロードする際に、前の実行の最終値を渡すことによりグローバルに初期化されます。フィードバックノードは、プロパティダイアログボックスの構成ページからも構成できます。

入力値があり、VIがコンパイルまたはロードする際に、フィードバックノードがグローバルに初期化されるように構成するには、次のステップを実行します。

  1. ブロックダイアグラムにフィードバックノードを追加します。
  2. 入力値を初期化端子に配線します。複数の実行または反復に遅延を設定した場合、配列を初期化端子に配線して、各遅延要素を任意の値に初期化できます。
    メモ  フィードバックノードがグローバルに初期化され、初期値を設定する場合、フィードバックノードはデフォルトで各実行時の初めにVIの最初の呼び出しでその値に初期化されます。入力端子を初期化端子に配線しない場合、最初の実行時でのフィードバックノードの初期入力はデータタイプのデフォルト値となります。
  3. 初期化端子を右クリックして、グローバル初期化→コンパイルまたはロード時に初期化を選択します。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった