ミックスドシグナルグラフで複数のデータタイプをグラフ表示する



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

ミックスドシグナルグラフに複数のデータを表示するのは、他のグラフで波形データ、XYデータ、およびデジタルデータを表示する場合と同様の操作で行えます。ミックスドシグナルグラフには、波形、XY、デジタル波形グラフで受け入れられるすべてのデータタイプを配線できます。

以下の手順に従って、ミックスドシグナルグラフで複数のデータタイプをグラフ表示します。

  1. 直接グラフにデータを配線する前に、複数のデータタイプをミックスドシグナルグラフに結合するための「バンドル」関数を追加します。
  2. データを「バンドル」関数の要素に配線します。
  3. 「バンドル」関数の出力クラスタをミックスドシグナルグラフに配線します。アナログデータとデジタルデータの表示が可能なプロット領域が自動的に作成されます。デフォルトでは、ミックスドシグナルグラフは、デジタルラインおよびデジタルバスとしてデジタルデータをプロット領域に表示します。

ミックスドシグナルグラフで複数のデータタイプをグラフ表示するサンプルについては、labview\examples\Controls and Indicators\Graphs and Charts\Mixed Signal GraphディレクトリのMixed Signal Graph VIを参照してください。

関連情報
波形データのグラフを作成する
XYデータのグラフを作成する
デジタルデータのグラフを作成する
グラフとチャートのタイプ
「バンドル」関数



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった