XYデータのグラフを作成する



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

以下の手順に従って、シングルプロットのXYグラフ上にポイントの配列を表示します。

  1. フロントパネルにXYグラフを追加します。
  2. 以下のオブジェクトを使用してブロックダイアグラムを作成します。
    • 関数

    • 」関数

    • Sine関数

    • バンドル」関数

    • ForループブロックダイアグラムのXYグラフ端子以外のすべてのオブジェクトを囲む

  3. 「商」関数のx/y出力を「Sine」関数のx入力に配線します。
  4. 「Sine」関数のsin(x)出力を「バンドル」関数の最初(一番上)の入力端子に配線します。
  5. 「積」関数のx*y出力を「バンドル」関数の2番目(下)の入力端子に配線します。
  6. Forループの反復端子を、「商」関数のx入力および「積」関数のx入力に配線します。
  7. 「商」関数のy入力端子を右クリックし、ショートカットメニューから作成→定数を選択します。数値定数が表示されます。
  8. 定数に10と入力し、<Enter>キーを押します。
  9. 定数を「積」関数のy入力端子に配線します。
  10. 「バンドル」関数の出力端子をXYグラフ端子に配線します。ワイヤとループ枠が交差する場所に自動指標付けトンネルが表示されます。
  11. Forループのカウント端子を右クリックし、ショートカットメニューから作成→定数を選択します。数値定数が表示されます。
  12. 定数に100と入力し、<Enter>キーを押します。
  13. VIを実行します。

XYデータのグラフを作成するサンプルについては、labview\examples\Controls and Indicators\Graphs and Charts\XY GraphディレクトリのXY Graph Data Types VIを参照してください。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった