イベントストラクチャ内でラッチ型停止ブール制御器を処理する



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

ラッチ型停止ブール制御器を処理するには、イベントストラクチャケースを構成する必要があります。ラッチ型ブール制御器でイベントを使用する場合、ラッチ型ブール制御器の機械的動作を正しく機能させるには、制御器をイベントケース内に配置する必要があります。

以下の例は、イベントストラクチャでラッチ型停止ブール制御器を処理する推奨方法を示します。この例では、ユーザが停止ボタンをクリックすると、アプリケーションは停止し、ラッチ型停止ブール制御器はFALSEにリセットされます。

イベントストラクチャはWhileループの内側にあり、値変更イベントケースはラッチ型停止ブール制御器用に更新されています。このアプリケーションを実行すると、実行は次の順序で完了します。

  1. ユーザが停止ボタンをクリックすると、ラッチ型停止ブール制御器の値はTRUEになり、イベントストラクチャは"停止": 値変更イベントケースを処理するために実行されます。
  2. "停止": 値変更イベントケースは、フロントパネルを読み取り、制御端子にTRUE値を渡し、停止ボタンをFALSEにリセットします。
  3. Whileループ条件端子は、FALSE値を読み取って、ループを停止します。

関連情報

ラッチ型ブール制御器でイベントを使用する

イベントが発生するときには必ずイベントストラクチャがイベントを処理することを確認する

イベントストラクチャで処理されるイベントを構成する

ブールオブジェクトの機械的動作を変更する



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった