タイミングストラクチャノードの端子を表示および非表示にする(Real-Time、Windows)



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

タイミングストラクチャの入力および右データノードに値を配線して、ストラクチャのオプションを構成できます。また、ストラクチャは左データおよび出力ノードから異なる出力値を返します。

デフォルトでは、タイミングストラクチャは入力、出力、データノードでエラー入力または出力のみ表示します。入力、出力、データノードを右クリックしてすべての入力を表示またはすべての出力を表示を選択して、すべてのノードの入力または出力を表示します。

また、選択したノードの入力または出力のみを表示することが可能です。入力、出力、データノードを右クリックして、ショートカットメニューから入力を追加または出力を追加を選択して、次に利用可能なノードの入力または出力を表示します。新規入力または出力を右クリックして、ショートカットメニューから入力を選択または出力を選択を選択します。ショートカットメニューで現在選択されている入力または出力にチェックマークが付けられます。表示する入力を選択します。

ノードの入力または出力を右クリックして、ショートカットメニューから入力を削除または出力を削除を選択して、ノードの入力または出力を非表示にします。

タイミングストラクチャのノードの入力および出力に関するリファレンス情報は、タイミングループおよびタイミングシーケンスのトピックを参照してください。




「タイミングストラクチャ」 ホーム



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった