スタンドアロンアプリケーションで構成ファイルを使用する



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

LabVIEWスタンドアロンアプリケーションでは、LabVIEW構成ファイル、またはそれ以外のカスタム構成ファイルを使用できます。

LabVIEW構成ファイル

スタンドアロンアプリケーションでLabVIEW構成ファイルを使用するように選択すると、labviewディレクトリのLabVIEW構成ファイルに表示される構成トークンのサブセットを含む構成ファイルが作成されます。アプリケーションプロパティダイアログボックスを使用して追加でビルド仕様設定を構成できます。たとえば、アプリケーションプロパティダイアログボックスの上級ページでデバッグを許可を選択すると、スタンドアロンアプリケーションの構成ファイルにデバッグトークンが追加されます。

スタンドアロンアプリケーションでLabVIEW構成ファイルを使用するには、以下の手順に従ってください。

  1. プロジェクトエクスプローラウィンドウで、ビルド仕様を右クリックして、ショートカットメニューから新規→アプリケーションを選択します。アプリケーション用に事前にビルド仕様を作成した場合、プロジェクトエクスプローラウィンドウでビルドをダブルクリックし、そのビルドを編集します。
  2. アプリケーションプロパティダイアログボックスの上級ページで、カスタム構成ファイルを使用チェックボックスがオフになっていることを確認します。
  3. (オプション) 上級ページでその他の項目を選択します。これらの変更の一部はスタンドアロンアプリケーションの構成ファイルに構成トークンを追加します。
  4. OKボタンをクリックして変更を適用し、ダイアログボックスを閉じます。

カスタム構成ファイル

スタンドアロンアプリケーションでカスタム構成ファイルを使用する場合、指定した構成ファイルはテンプレートとして使用されます。アプリケーションプロパティダイアログボックスで選択するオプションによって、指定する構成ファイルに追加トークンが追加されます。たとえば、アプリケーションプロパティダイアログボックスの上級ページでデバッグを許可を選択すると、追加したカスタム構成ファイルにデバッグトークンが追加されます。

スタンドアロンアプリケーションでカスタム構成ファイルを使用するには、以下の手順に従ってください。

  1. プロジェクトエクスプローラウィンドウで、ビルド仕様を右クリックして、ショートカットメニューから新規→アプリケーションを選択します。アプリケーション用に事前にビルド仕様を作成した場合、プロジェクトエクスプローラウィンドウでビルドをダブルクリックし、そのビルドを編集します。
  2. アプリケーションプロパティダイアログボックスの上級ページで、カスタム構成ファイルを使用チェックボックスをオンにします。プロジェクトファイルを選択ダイアログボックスが表示されます。
  3. プロジェクト中のファイルリストから追加したい構成ファイルを選択します。

    追加したいファイルがプロジェクトにない場合、以下の手順に従ってください。
    1. 追加ボタンをクリックします。ファイルダイアログボックスが表示されます。
    2. 追加したいファイルを参照して追加ボタンをクリックします。ダイアログボックスが閉じられ、選択したファイルがアプリケーションプロパティダイアログボックスの上級ページのプロジェクト中の構成ファイルテキストボックスに表示されます。
  4. (オプション) 上級ページでその他の項目を選択します。これらの変更の一部は、カスタム構成ファイルに構成トークンを追加します。
  5. OKボタンをクリックして変更を適用し、ダイアログボックスを閉じます。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった