ループが実行するたびにフィードバックノードの入力値をリセットする



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

フィードバックノードは、デフォルトで、VIのコンパイルまたはロード時にグローバルに初期化されます。しかし、ループ実行時にノードが初期化されるように構成することもできます。

次の手順に従って、初期化端子をループの左端に移動し、ループが実行するたびに入力値がリセットされるようにします。

  1. ブロックダイアグラムのループまたはネストされたループとストラクチャのグループの中にフィードバックノードを追加します。
  2. 初期化端子を右クリックして、ショートカットメニューから初期化子を1つ外側に移動を選択し、初期化端子を1つ外側のループに移動します。
  3. ループの外側から入力値を初期化端子に配線します。

ループの左辺に移動した初期化端子をループ内の元の場所に戻すには、その初期化端子を右クリックしてショートカットメニューからグローバル初期化→コンパイルまたはロード時に初期化を選択します。初期子を1つ内側のループに移動するには、初期化子をループ1つ内側に移動を選択します。

初期化端子を一番外側のループに移動した場合は、初期子をループ1つ内側に移動を選択して初期化端子を次に内側のループに移動します。

フィードバックノードをループの実行時に初期化するよう構成すると、初期化は各ループの最初の反復前に行われます。次の図のループにあるように、初期化端子はアイコンに変わり、アイコンの色は端子に配線するデータタイプにより変わります。

前のブロックダイアグラムでは、フィードバックノードはForループ内にありますが、初期化端子はWhileループの最も外側の端にあります。したがって、フィードバックノードは、Whileループを実行する毎に入力値が2に初期化されます。これに対して、各Forループの実行用に、以前の値では「インクリメント」関数の結果が作成されます。特定のケースのみでフィードバックノードを実行する場合、ネストされたケースストラクチャでは、フィードバックノードと初期化子を分けると便利です。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった