入出力を挿入および削除する



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

入力または出力端子はサブVIまたはExpress VIの拡張可能なフィールドに挿入することができます。挿入可能な端子は、サブVIまたはExpress VIに含まれる入出力により異なります。たとえば、サブVIの拡張可能なフィールドに制御器または表示器を挿入する前に、サブVIのコネクタペーンにフロントパネル制御器または表示器を割り当てます。

以下の手順に従って、サブVIまたはExpress VIに入力または出力端子を挿入します。

  1. サブVIまたはExpress VIを拡張可能ノードとして表示します。
  2. サブVIまたはExpress VIの拡張されたフィールドの入力または出力を右クリックし、ショートカットメニューから入出力を挿入を選択します。新規の入力または出力端子が右クリックした入力または出力の上に表示されます。

入力または出力を削除するには、削除する端子を右クリックして、ショートカットメニューから入力を削除または出力を削除を選択します。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった