コマンドラインからVIを起動する



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

コマンドライン(スタート→ファイル名を指定して実行を選択するなど)からVIを起動するには、以下の構文を使用します。

c:\labview\labview.exe <labviewディレクトリを基準としたVIへの相対パス>

メモ メモ  コマンドラインからVIを起動する前にLabVIEWを閉じる必要があります。

たとえば、c:\labview\examplesreadme.viを起動するには、以下のコマンドを使用します。

c:\labview\labview.exe examples\readme.vi

VIがlabviewディレクトリ以外のディレクトリにある場合、以下の例のようにVIへの完全なパスを指定する必要があります。

c:\labview\labview.exe c:\coolapp\mycool.vi

パス内のディレクトリに空白文字が含まれている場合、以下の例ように引用符でパスを囲みます。

c:\labview\labview.exe "c:\cool application\mycool.vi"

VIがLLBにある場合、以下のいずれかの方法を使用します。

  • 以下の例のように、完全なパスを引用符で囲みます。

    c:\labview\labview.exe "c:\coolapp\eagle.llb\mycool.vi"

  • 次にツール→LLBマネージャを選択し、VIをトップレベルとして印し付けます。この場合、LLBへのパスのみ指定する必要があります。以下の例に示すように、LabVIEWはLLBマネージャを開きます。

    c:\labview\labview.exe "c:\coolapp\eagle.llb"

また、LabVIEWをコマンドラインから起動する場合、LabVIEWが定義した引数やユーザが定義した引数を渡すこともできます。ユーザが定義した引数をコマンドラインで渡すには、ユーザが定義した引数のセットの前にスペースで囲まれた2つのハイフン (--) を入力します。labview.exeを起動する際には、これらの2つのハイフンの後の引数を使用しません。2つのハイフンの後の引数を起動したVIのブロックダイアグラムに渡します。LabVIEWが起動した際に渡されるユーザ定義のコマンドライン引数を読み取るには、アプリケーション: コマンドライン引数プロパティを使用します。

たとえば、mycool.viを起動して、ユーザが定義した引数を渡すには、以下のコマンドを使用します。

c:\labview\labview.exe c:\coolapp\mycool.vi -- 1000 sine

mycool.viのブロックダイアグラムでアプリケーション: コマンドライン引数プロパティを使用して、渡した引数1000sineの引数を読み取り、値を処理します。たとえば、引数の値をケースストラクチャのケースセレクタに配線することができます。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった