VIを一括コンパイルする



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

VIを一括コンパイルする場合、LabVIEWはサブVIの存在を確認してサブVIをメインVIに再連結します。サブVIをメインVIに再連結すると、LabVIEWがこれらのVIを検索する必要がなくなるため、ロード時間が短縮されます。また、VIも使用しているLabVIEWのバージョンに更新されます。LabVIEWでロードできない破損VIも検出およびレポートされます。破損したVIがある場合は、バックアップから復元することができます。

VIをLabVIEWの新しいバージョンにアップグレードするなどの特別なケースでは、VIを初めてロードする際にLabVIEWはVIを再コンパイルする必要があります。VIが保存されるまで、VIがロードされるたびに再コンパイルされます。ロード時に多数のVIの再コンパイルが必要となる場合は、それらのタスクが何度も実行されるのを避けるため、すべてのVIを一括してコンパイルおよび保存することを推奨します。複数のVIを同時にコンパイルおよび保存することを、VIを一括コンパイルするといいます。

以下の手順に従って、VIまたはLLBのディレクトリを一括コンパイルします。

  1. ツール→上級→一括コンパイルを選択して一括コンパイルダイアログボックスを表示します。
  2. コンパイルするVIまたはLLBのディレクトリを参照します。
    • フォルダ内を参照して現在のフォルダボタンをクリックし、そのフォルダ内のすべてのVIおよびLLBを更新します。
    • .llbファイルを選択して、そのLLB内のすべてのVIを更新します。ピリオドの右側にVIとある開いたフォルダのアイコンを選択し、選択ボタンをクリックします。
  3. (オプション)結果をログチェックボックスをオンにして、一括コンパイルのログを保存する場所を選択します。
  4. (オプション)VIをキャッシュチェックボックスをオンにして、LabVIEWでメモリに保管したいVIの数を入力します。
    メモ  VIをキャッシュすると、トップレベルのVIをコンパイルするときに既にキャッシュされたVIをロードする必要がないため一括コンパイルにかかる実行時間が顕著に縮小されます。ただし、VIのキャッシュによってより多くのシステムメモリが消費されます。複数のサブフォルダに同じ名前のVIが含まれているフォルダを一括コンパイルし、それらのVIがライブラリに属していない場合、VIキャッシュでクロスリンクが発生する可能性があります。
  5. 一括コンパイルボタンをクリックして、VIを一括コンパイルします。
    メモ  ステータスタブにメッセージを受信した場合は、記載されたVIを開いてください。VIにエラーがある場合は、一括コンパイルを再度行う前に、そのエラーを修正してください。
  6. 終了ボタンをクリックして、LabVIEWに戻ります。

VIを一括コンパイルすると、一括コンパイルダイアログボックスのステータスタブに一括コンパイル操作の警告メッセージログが表示されます。このログには、破損したVIや、発呼者VIで指定されたパスではなく検索ディレクトリからロードされたVIなどがレポートされます。つまり、一括コンパイルを実行することで、コンパイル対象VIのこのような予期しない動作を検出することができます。

一括コンパイルメソッド、またはMassCompileコマンドライン操作を使用して、VIを直接プログラム的にロードおよびコンパイルすることもできます。

一括コンパイル操作の順序

LabVIEWは、最後に旧バージョンのLabVIEWで保存されたVIと、変更が保存されず開いた際に再コンパイルが必要になるVIのみを一括コンパイルします。LabVIEWがVIのディレクトリを一括コンパイルする際、ディレクトリ階層の各レベルにおいて以下の順でファイルを処理します。

  • LabVIEWプロジェクトファイル―LabVIEWでプロジェクトに取り組むと、LabVIEWはプロジェクトファイル、そしてプロジェクトが所有するすべてのファイルをプロジェクトエクスプローラウィンドウのプロジェクトツリーに表示される順番で処理します。条件無効記号などのプロジェクトで定義されたプロジェクトおよびターゲット特有の設定は、LabVIEWがVIの実行に使用するプラットフォームまたはプロセッサを指定するなどのファイルをコンパイル方法に影響を与えます。
  • サブディレクトリ内のファイル―LabVIEWは、サブディレクトリを1つずつ昇順に処理します。たとえば、ディレクトリにBおよびFを含むフォルダがある場合、LabVIEWはBのフォルダにあるファイルを昇順に処理した後に、Fのフォルダにあるファイルを昇順に処理します。
  • そして、ディレクトリのそのレベルにある残りのファイルを昇順に処理します。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった