クラスタ要素の順位を変更する



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

クラスタ要素にはシェル内の位置に関係のない論理上の順位が割り当てられます。クラスタに配置する最初のオブジェクトは要素0、2番目のオブジェクトが要素1などのようになります。要素を削除すると、この順位は自動的に調整されます。クラスタ順位はブロックダイアグラム内の「バンドル」関数および「バンドル解除」関数上に端子として表示される要素の順位を決定します。

以下の手順に従って、現在のクラスタ順位を表示および変更します。

  1. クラスタの境界線を右クリックし、ショートカットメニューからクラスタ内の制御器の並べ替えを選択します。ツールバーとクラスタは以下のように変更されます。
    • クラスタには数字が表示されている白と黒のボックスが要素ごとに表示されています。要素上の白いボックスはクラスタ内でのその要素の現在の順位を示します。
    • 黒いボックス内の数字は現在、白いボックス内の数字と一致しています。順位を変更すると、黒いボックスに要素の新しい順位が表示されます。
    • ツールバーにも黒いボックス内の数字が表示されます。ツールバー上の数字は変更する次の要素に影響を与えます。
    • カーソルはクラスタ順位カーソルに変ります。
  2. 順位を変更するには以下のいずれかの方法を使用します。
    • クラスタ順位内の要素をクリックします。黒いボックス内の要素の数値がツールバーの数値に一致するように変更されます。
    • クリックして設定フィールドに新しい順位を入力し、要素をクリックします。
    • 設定する順位内の要素をクリックすると、順位が自動的に増分されます。
  3. ツールバーのOKボタンをクリックし、クラスの順位を設定して、クラスタ順位編集モードを終了します。前の状態に戻したい場合はXボタンをクリックします。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった