オブジェクトを移動する



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

以下の手順に従って、オブジェクトを移動します。

  1. 位置決めツールを使用して文字列オブジェクトを選択します。
  2. オブジェクトを新しい位置にドラッグします。以下の方法で移動方向および増分を制限できます。
    • 移動を水平方向または垂直方向に制限するには、<Shift>キーを押したままオブジェクトをドラッグします。オブジェクトを最初に移動した方向に移動が制限されます。
    • 選択したオブジェクトを正確に細かく移動するには、適切な矢印キーを押してオブジェクトを1ピクセルずつ移動します。操作を繰り返すには矢印キーを押したままにします。<Shift>キーを押したまま矢印キーを押すと、オブジェクトをよりすばやく移動できます。
メモ  アライメントグリッドが有効な場合には、矢印キーを使用してオブジェクトを移動する場合を除いて、オブジェクトはアライメントグリッドのラインまたはドットに沿ってのみ移動することができます。<Shift>キーを押しながら矢印キーを押すと、オブジェクトをグリッド線またはドットに揃えることができます。オブジェクトがすでに整列している場合には、<Shift>キーを押しながら矢印キーを押すと、オブジェクトが1グリッド分移動します。

移動をキャンセルするには、<Esc>キーを押します。マウスボタンを離します。オブジェクトは元の位置のまま変りません。

メモ  位置決めツールはオブジェクトのサイズも変更します。オブジェクトのサイズを変更しないためには、オブジェクトの中心に位置決めツールを配置してオブジェクトを移動します。サイズを変更するには、オブジェクトのコーナーをクリックします。

配置したオブジェクトを軸に沿って整列するには、ツールバー上のオブジェクトを整列プルダウンメニューを使用するか、編集→項目を整列を選択します。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった