ラベルを編集する



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

サブVIのラベルは編集することはできません。ただし、VIの説明を作成する際、ブロックダイアグラムで関数の使用目的が反映されるように関数ラベルを編集することができます。たとえば、「」関数のラベルを使用して、その時点でブロックダイアグラムに追加された数とその理由をドキュメント化することができます。

ヒント  付属ラベルはランタイム時に編集できません。これらのラベルをプログラム的に編集したい場合、各ラベルをキャプションと入れ替えてください。キャプションは同じように見えますが、ランタイム時に編集できます。

以下の手順に従って、フリーラベルまたは付属ラベルを編集します。

  1. 必要に応じて、オブジェクトを右クリックし、表示項目→ラベルを選択し、ラベルを表示します。デフォルトでは、ストラクチャ、関数、定数、ワイヤのラベルは表示されません。
  2. ラベリングツールを使用して、ラベルをクリックし、編集するテキストをハイライト表示します。ラベルをダブルクリックして単語をハイライト表示し、3回クリックしてラベル全体をハイライト表示します。自動ツール選択が有効に設定されている場合、ラベルをダブルクリックして、ラベリングツールに切り替え、編集するテキストをハイライト表示します。
  3. ラベルテキストを編集します。キーボードの<Enter>キーを押して、新しい行を追加することができます。
メモ  (Linux) テキストラベルなど、テキストのある制御器を編集する場合、中央のマウスボタンを使用して、最初にコピーまたは切り取りの操作を行わずに、最後にハイライト表示されたテキストを貼り付けることができます。
  1. ラベルの外側の任意の場所をクリックして、編集操作を完了します。また、ツールバーの入力ボタンをクリックするか、数字キーパッドに<Enter>キーを押すか、<Ctrl-Enter>キーを押すこともできます。(macOS) <Option-Enter>キーを押します。(Linux) <Alt-Enter>キーを押します。

    付属ラベルのテキストが変更された場合、LabVIEWはVIを再コンパイルする必要があります。そのVIの発呼者も再コンパイルしなくてはならない場合もあります。
メモ  オプションダイアログボックスの環境ページでEnterキーでテキスト入力を終了にチェックマークをオンにすると、キーボード上の<Enter>キーで編集操作を完了することができます。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった