並列反復: Forループの実行速度を改善する



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

Forループは、並列反復を有効にすることで実行速度を改善できます。通常、Forループの反復はチャンクに分けられ、シーケンス的に実行されます。Forループの並列反復を有効にすると、チャンクが同時に実行されるため、計算負荷の高いForループの実行速度が改善されます。

Forループの並列反復を実行するには、以下の手順に従ってください。

  1. 並列Forループ反復を有効にします。
  2. Forループの並列反復を実行できることを確認します。
  3. 必要に応じてForループの並列反復をプログラム的に構成します。

Forループの並列実行を効果的に行うために、パフォーマンスに関する注意事項を確認します。

サンプル

Forループの並列反復を使用するサンプルについては、labview\examples\Structures\Parallel For LoopディレクトリのParallel For Loop Reduction VIを参照してください。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった