ストラクチャ内部にオブジェクトを追加する



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

オブジェクトをストラクチャ内部に追加するには、オブジェクトをストラクチャの内側にドラッグするか、オブジェクトをストラクチャで囲みます。ストラクチャをオブジェクトの上に移動しても、オブジェクトはストラクチャ内部に配置されません。

以下の手順に従って、オブジェクトをストラクチャの内部に追加します。

  1. ブロックダイアグラムにケースストラクチャを追加します。
  2. ティックカウント(ms)」関数をストラクチャの内側に追加します。
  3. 「ティックカウント」関数をストラクチャの枠の近くに移動します。ストラクチャ内でストラクチャの枠の近くにオブジェクトを追加または移動すると、ブロックダイアグラムにオブジェクトを追加した後で、オブジェクトが入るようにストラクチャのサイズが変更されます。この機能を無効にするには、ストラクチャの枠を右クリックし、ショートカットメニューから自動拡大を選択してチェックマークを外します。
  4. 「ティックカウント」関数をストラクチャの外側に移動します。
  5. 「ティックカウント」関数の周りに別のストラクチャを追加します。
  6. 2番目のストラクチャを選択して削除します。ストラクチャ内部の関数も同様に削除されていることを確認してください。
メモ  ストラクチャ内のオブジェクトを削除しないでストラクチャを削除できます。
  1. 別の「ティックカウント」関数を、残っているストラクチャの外側に追加します。
  2. ストラクチャを「ティックカウント」関数の上に移動します。関数の黒い影は、関数がストラクチャの内部ではなく、ストラクチャの上にあることを示しています。
  3. ケースストラクチャを選択して削除します。ストラクチャ内にない関数は削除されていません。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった