クイックドロップキーボードショートカット



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

以下の表に、クイックドロップダイアログボックスがアクティブなときだけ使用できるキーボードショートカットを記載しています。クイックドロップダイアログボックスを表示するには、<Ctrl-Space>キーを押します。(中国語のキーボードでは、<Ctrl-Shift-スペース>キーを押します。)(macOS) <Command-Shift-スペース>キーを押します。(Linux)<Alt–スペース>キーを押します。

また、クイックドロップ構成ダイアログボックスを使用して、カスタムクイックドロップキーボードショートカットを作成することもできます。クイックドロップダイアログボックスの構成ボタンをクリックしてクイックドロップ構成ダイアログボックスを表示します。

メモ メモ  特定のブロックダイアグラムオブジェクトまたはフロントパネルオブジェクトにショートカットキーを適用するには、クイックドロップダイアログボックスを開く前に、ショートカットキーを適用するオブジェクトを選択する必要があります。
キーボードショートカット説明
Ctrl-D選択中のブロックダイアグラムオブジェクトの未配線の入力と出力すべてに制御器と表示器を作成します。
Ctrl-Shift-D選択されているブロックダイアグラムオブジェクトのすべての未配線入力に定数を作成します。
Ctrl-W1列または複数の平行な列に並び、選択されているブロックダイアグラムオブジェクトを配線します。
Ctrl-Shift-W1列または複数の平行な列に並んだ選択したブロックダイアグラムオブジェクトを配線し、選択したオブジェクトをクリーンアップします。
Ctrl-R選択されているブロックダイアグラムオブジェクトと選択されているオブジェクトに接続されたワイヤおよび定数を削除し、削除されたオブジェクトの入力および出力に接続された一致するデータタイプのワイヤを接続します。
Ctrl-T最上位のフロントパネル上のラベルおよびキャプションとブロックダイアグラムオブジェクトの位置を、オプションダイアログボックスで指定されたデフォルトラベル位置と一致するように移動します。

また、ブロックダイアグラムで複数のオブジェクトを選択してクイックドロップに表示し、<Ctrl-T>を押すと、選択されたオブジェクトのラベルのみを移動できます。
Ctrl-Shift-Tオプションダイアログボックスで指定されたデフォルトラベル位置と一致するように、最上位のフロントパネルの表示されているラベルまたはキャプションとブロックダイアグラムのオブジェクトの位置を変更します。
Ctrl-P選択されたフロントパネルオブジェクトまたはブロックダイアグラムオブジェクトを、クイックドロップダイアログボックスで選択したオブジェクトに置換します。
Ctrl-Iブロックダイアグラムで選択したワイヤに、クイックドロップダイアログボックスで選択したオブジェクトを挿入します。
Ctrl-Shift-I複数の選択されたワイヤに、クイックドロップダイアログボックスで選択したオブジェクトの1つのインスタンスを挿入します。
Ctrl-B選択されているプロパティノード、インボークノード、および/またはクラス指定子定数のVIサーバクラスをクイックドロップウィンドウで入力したクラスに変更します。
Ctrl-Shift-B選択されているプロパティノードまたはインボークノードのプロパティまたはメソッドをクイックドロップウィンドウで入力したプロパティまたはメソッドにそれぞれ変更します。

関連情報

クイックドロップダイアログボックス

クイックドロップ構成ダイアログボックス

クイックドロップダイアログボックスのショートカットを構成する



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった