サブダイアグラムを並べ替える



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

ほんとのストラクチャでサブダイアグラムを並べ替えるには、次の手順を実行します。

  1. ケースを並べ替えダイアログボックスを表示するには、ストラクチャの枠を右クリックして、ショートカットメニューからケースを並べ替えまたはサブダイアグラムを並べ替えるを選択します。
  2. ケースリストでケースまたはサブダイアグラムを選択して、新しい場所にドラッグします。水平線が表示され、リストでケースまたはサブダイアグラムを挿入する場所を示します。ソートボタンをクリックして、ケースまたはサブダイアグラムを昇順に並べ替えることもできます。
  3. OKボタンをクリックします。

ケースストラクチャでは、ケースの位置を置換したり、シフトしたりすることによりケースを並べ替えることもできます。

スタックシーケンスストラクチャでフレームを並べ替えるには、ストラクチャの枠を右クリックして、ショートカットメニューからこのフレーム番号を変更を選択して、新しいフレーム番号を選択します。

ストラクチャのサブダイアグラムを並べ替える際には、次の点に注意してください。

  • 3個以上のケースを持つケースストラクチャでケースを並べ替えることができます。2個以上のケースを持つイベントスラクチャでケースを並べ替えることができます。2個以上のサブダイアグラムを持つ無効ストラクチャでサブダイアグラムを並べ替えることができます。
  • 条件無効ストラクチャでサブダイアグラムを並べ替える場合、複数のサブダイアグラムをTRUEにできますが、LabVIEWはTRUEになっている最初のサブダイアグラムのみをコンパイルして実行します。
  • タイプ特化ストラクチャでサブダイアグラムを並べ替えると、サブダイアグラムのラベルとVIの実行方法に影響します。これは、タイプ特化ストラクチャが各サブダイアグラムを順番にコンパイルしようとし、構文エラーのあるサブダイアグラムを拒否するためです。構文エラーのない最初のサブダイアグラムが受け入れられ、その他のサブダイアグラムは無視されます。

    次の例では、タイプ特化ストラクチャにサブダイアグラムA、B、C、およびDがあります。ストラクチャは、サブダイアグラムCを受け入れ、サブダイアグラムDを無視します。サブダイアグラムCとDを置き換えると、サブダイアグラムCとDの指標も置き換わります。ストラクチャは、サブダイアグラムCのコンパイルを試みる前に構文エラーのないサブダイアグラムDをコンパイルするため、サブダイアグラムCは無視されます。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった