ラベルのサイズ変更をする



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

ラベルのサイズを変更するには位置決めツールを使用します。通常、ラベルのサイズは自動的に変わります。つまり、入力されたテキストの長さに合わせて自動的にテキストボックスのサイズが変わります。復帰文字を入力するか、またはラベルボックスのサイズ変更をしない限り、ラベルテキストは1行になります。

ラベルを右クリックしショートカットメニューからテキストにサイズを合わせるを選択して、自動サイズ変更を切り換えます。

ラベルのサイズを変更すると、LabVIEWは自動的に自動サイズ変更機能をオフにします。

ラベルのサイズを変更した要領で、文字列定数のサイズを変更することができます。

また、テキストにサイズを合わせるプロパティを使用して、テキストの内容によってテキストオブジェクトのサイズを変更するかどうかをプログラム的に設定することもできます。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった