ストラクチャのサイズを変更する



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

以下の手順に従って、ブロックダイアグラム上のストラクチャのサイズを変更します。

  1. ストラクチャの境界線の上に位置決めツールを移動します。サイズ変更ハンドルがストラクチャの隅および各ストラクチャの境界線の中心に表示されます。
  2. カーソルをサイズ変更ハンドル上に動かして、カーソルをサイズ変更カーソルに変更します。
  3. サイズ変更カーソルを使用してサイズ変更ハンドルをドラッグします。サイズ変更ハンドルをドラッグしてストラクチャのサイズを変更すると、ストラクチャはリアルタイムで拡大縮小します。
メモ  デフォルトでは、ストラクチャのサイズをその中にあるオブジェクトより小さくすることはできません。ストラクチャに対してこの動作を無効にするには、ストラクチャの境界線上で右クリックし、ショートカットメニューから自動拡大を選択してチェックマークを外します。オブジェクトよりも小さいストラクチャの内部にオブジェクトをドラッグすると、ストラクチャのサイズ変更が行われ、ブロックダイアグラムにオブジェクトを配置するとそのオブジェクトが囲まれます。
  1. マウスのボタンを離します。
メモ  アライメントグリッドが有効になっている場合、グリッドのサイズに合わせてのみ、ストラクチャのサイズを変更することができます。

2つのフレームの共有エッジ上でサイズ変更ハンドルを使用してフラットシーケンスストラクチャの単一のフレームをサイズ変更する場合、どのフレームがサイズ変更ハンドルを表示するかをメモしておき、正しいフレームをサイズ変更していることを確認してください。左エッジのサイズ変更ハンドルを右方向へドラッグすると、フレームが縮小されます。このサイズ変更ハンドルを左方向へドラッグすると、フレームが拡大されます。フラットシーケンスストラクチャ内の1つのフレームを縮小または拡大しても、その他のフレームのサイズは変更されませんが、サイズを変更したフレームに対する位置が調整されます。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった