ウェブサーバのルートディレクトリを構成する



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

LabVIEWに組み込まれたウェブサーバを使用する場合、ルートディレクトリはウェブサーバがドキュメント要求のためにファイルをロードする場所です。ウェブサーバのデフォルトのルートディレクトリはlabview\wwwです。

ウェブサーバのルートディレクトリを構成するには、以下の手順に従ってください。

  1. ツール→オプションを選択してオプションダイアログボックスを表示します。
  2. オプションダイアログボックスのカテゴリリストからウェブサーバページを選択します。
  3. リモートパネルサーバセクションでリモートパネルサーバを有効チェックボックスをオンにします。
  4. ウェブサーバで使用するルートディレクトリのパスを、ルートディレクトリテキストボックスに入力します。参照ボタンをクリックして、ディレクトリを参照および選択することができます。
  5. OKボタンをクリックして現在の構成を保存し、ダイアログボックスを閉じます。
メモ メモ  ユーザがファイル名を指定せずにウェブサーバのURLを入力すると、エラーページやディレクトリのリストが表示される可能性があります。ウェブサーバのルートディレクトリに、代わりに自動的にロードされるindex.htmファイルを作成できます。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった