ワイヤの経路を設定する



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

ユーザがワイヤを配線する際、ワイヤ経路は自動的に設定されます。LabVIEWは、ブロックダイアグラム上でループやストラクチャなど既存のオブジェクトを避けて、ワイヤを配線します。また、配線が複雑にならないように、できる限り直線的にワイヤを配線します。さらに可能であれば、制御器の端子から自動的に配線されたワイヤは端子の右側から出て、表示器の端子に自動的に配線されたワイヤは端子の左側に入るように配線します。

既存のワイヤを自動的に配線するには、そのワイヤ上で右クリックし、ショートカットメニューからワイヤを調整を選択します。

メモ  自動的にブロックダイアグラムのすべての既存ワイヤの経路設定を修正したり、すべての既存オブジェクトを並べ替えることができます。

以下の手順に従って、自動ワイヤ経路設定を一時的に無効にして手動で経路設定します。

  1. 配線ツールで端子をクリックします。
  2. <A>キーを押します。現在のワイヤに対して一時的に自動配線機能が無効になります。
  3. (オプション) マウスボタンをクリックするとワイヤがその位置で固定され、カーソルを新しい方向に移動することができます。スペースキーを押して、ワイヤの方向を縦または横に切り替えます。
  4. 接続先の端子をクリックするとオブジェクトの配線が完了します。自動ワイヤ経路設定が再び有効になります。

配線を開始した後でも、マウスボタンを押しながら他の端子に配線したりポイントを設定してからマウスボタンを放すことで、自動ワイヤ経路設定を一時的に無効にできます。マウスボタンを放すと、自動ワイヤ経路設定が再び有効になります。

適切なブロックダイアグラムオプションを設定して、すべての新規ワイヤに対して自動経路設定を無効にすることもできます。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった