VIスクリプトを使用してVIオブジェクトリファレンスを取得する



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

必要: VIスクリプト

VIスクリプトを使用してフロントパネルまたはブロックダイアグラムオブジェクトを検査、編集、または作成するには、対象となるオブジェクトのリファレンスを取得する必要があります。その後、このリファレンスをプロパティノードまたはインボークノードに配線すると、リファレンスされたオブジェクトの情報を取得または設定できます。

以下のリストを参照して、目的用途に最も適したVIリファレンスの取得方法を決定します。リスト上の方法は、難度順(低→高)に並べてあります。

注意とアドバイス

  • 開いたリファレンスは、すべて閉じてください。開いているリファレンスが多いと、VIのパフォーマンスが遅くなります。パフォーマンスの詳細については、VIおよびオブジェクトリファレンスを閉じるを参照してください。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった