実行時にコンボボックス制御器で文字列を選択および入力する



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

VIが実行モードのときにコンボボックス制御器で文字列を選択および入力するには、以下の手順を実行します。

  • 制御器の右側の矢印ボタンをクリックして、ショートカットメニューから文字列を選択します。
  • 制御器の右側の矢印ボタンをクリックし、上下の矢印キーを使用して選択する文字列に移動します。ショートカットメニューで文字列をハイライトした後、<Enter>キーを押すか矢印ボタンをクリックして文字列を選択します。
  • テキストボックスにカーソルを置き、下矢印キーを押してショートカットメニューを表示し、上下の矢印キーを使用して、選択する文字列に移動します。ショートカットメニューで文字列をハイライトした後、<Enter>キーを押すか矢印ボタンをクリックして文字列を選択します。
  • 制御器の右側の矢印ボタンをクリックして、選択する文字列の最初の文字をいくつか入力します。LabVIEWは、入力された文字列で始まる最初の一番短い文字列を制御器においてハイライトします。<Enter>キーを押すか、矢印ボタンをクリックして、文字列を選択します。入力された文字に一致する文字列がなく、制御器が未定義の文字列値を許可しない場合、LabVIEWは制御器に入力された文字を受け入れず、表示もしません。入力した文字に一致する文字列がなく、制御器が未定義の文字列値を許可する場合には、<Enter>キーを押して制御器に新規文字列を入力します。
  • テキストボックスにカーソルを置き、選択する文字列の最初の文字をいくつか入力します。LabVIEWは、入力された文字列で始まる最初の一番短い文字列を制御器に表示します。<Enter>キーを押して、文字列を選択します。入力された文字に一致する文字列がなく、制御器が未定義の文字列値を許可しない場合、LabVIEWは制御器に入力された文字を受け入れず、表示もしません。入力した文字に一致する文字列がなく、制御器が未定義の文字列値を許可する場合には、<Enter>キーを押して制御器に新規文字列を入力します。
  • 制御器が未定義の文字列値を許可する場合には、テキストボックスにカーソルを置いて入力する文字列をタイプします。<Enter>キーを押して、新規文字列を制御器に入力します。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった