オブジェクトを選択する



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

移動コピー削除などの多くの編集操作でオブジェクトを選択する必要があります。選択されていないオブジェクトまたは空白の部分をクリックすると、現在選択されているすべての選択が解除されます。フロントパネルのオブジェクトとブロックダイアグラムのオブジェクトは、同時に選択することができません。

以下の手順に従って、オブジェクトを選択します。

  1. 矢印の先を選択するオブジェクトの上に位置決めツールを移動します。自動ツール選択が有効な場合、<Shift>キーを押して一時的に位置決めツールに変換することができます。
  2. マウスボタンをクリックします。マーキーと呼ばれる移動する点線の枠がオブジェクトをハイライト表示します。

オブジェクトを囲む選択四角形を作成することもできます。

以下の手順に従って、選択四角形を作成します。

  1. 位置決めツールを使用して、フロントパネルウィンドウまたはブロックダイアグラムウィンドウの空白領域をクリックします。
  2. 選択四角形がすべてのオブジェクトを含むか、すべてのオブジェクトに接するように、斜めにドラッグします。オブジェクトを選択する際、選択四角形で囲まれた部分はグレー表示され、選択されたオブジェクトはマーキーによりハイライト表示されます。ストラクチャを選択すると、その背景が濃くなり、選択されていることを示します。
    メモ  デフォルトでは、オブジェクトを選択四角形で囲んで選択する場合、ストラクチャ全体またはワイヤセグメントの中間点を囲む必要があります。スペースバーを押しながら選択四角形を作ると、選択四角形が接触したすべてのオブジェクトが選択されます。デフォルト動作に戻すには、スペースバーをもう一度押します。

<Shift>キーを押してオブジェクトをクリックし、追加オブジェクトを選択するか、オブジェクトの選択を解除します。

自動ツール選択が有効な場合、カーソルの下にあるオブジェクトの選択を解除して、位置決めツールから別のツールに切り替える必要があります。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった